<   2018年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ペーロン大会とペンギン水族館

360年前の江戸時代から続いているという長崎港で行われているペーロン大会に出かけてきました。
当日は迷走台風12号の影響で風も強く波もあったのですが、青空のもと杉材の船はドラや太鼓の音に合わせて勇壮に漕ぎ出しました。
地域や職場、大学のチームがそれぞれのテントの応援席から大漁旗や「がまだせ!なんばしよっとか!!」の声援をを受けて必死に漕いでいました。
戦い終えた選手たちの顔からは疲れはてていても爽やかな印象を受けました。
b0016557_13162434.jpg

b0016557_9101414.jpg

b0016557_9102892.jpg
b0016557_9102191.jpg
b0016557_9104182.jpg

b0016557_13165842.jpg

b0016557_9105144.jpg





出島ワーフで昼食後ペンギン水族館へ。一番大きなキングペンギンから世界で一番小さなコガタペンギンまで9種類が飼育されています。
お食事タイムの鰯を係のお兄さんがバケツで持ってくると、小さなペンギンが両手を広げてヨチヨチというかヨタヨタ必死で歩いて来るさまはとても愛くるしいのです。
b0016557_16474673.jpg

[PR]
by kei62820001 | 2018-07-29 23:21 | イベント

阿蘇御田祭

阿蘇神社近くの通りには美味しい湧き水がふんだんにあります。参道にはおしゃれなお店も軒を連ねています。足湯ならぬ水温15度の足水もあり、長くは浸けていられないほどの冷たさでした。

青々とした水田の間をお供えのおひつを頭に載せた白装束の女性が静かに通り抜ける姿は神秘的でもあり、豊作を祈る祭事が古式にのっとり今に続けられていることにも驚きです。
b0016557_16324015.jpg

b0016557_16325826.jpg


b0016557_16333811.jpg

b0016557_16335445.jpg

b0016557_16341681.jpg

b0016557_16342910.jpg


b0016557_16351790.jpg

b0016557_16353327.jpg

b0016557_1635277.jpg

[PR]
by kei62820001 | 2018-07-28 23:32 | 撮影会

サイコロ画像

今月の同好会で
b0016557_14221446.jpg

[PR]
by kei62820001 | 2018-07-19 23:22 | エレメント作品

猛暑の日々

【梅雨明け十日】とはよくいったもので晴天が続いています。以前はこの頃を見計らって山によく行ったものでした。今は「お日さまはほどほどでいいから」とうそぶいています。
b0016557_20142340.jpg

b0016557_1651445.jpg

b0016557_16522051.jpg
ハンカチの花 正式名は コンロンカ
b0016557_16512631.jpg

[PR]
by kei62820001 | 2018-07-13 17:54 |

下北・津軽・男鹿半島の旅 ①

b0016557_2284857.jpg



浅虫温泉の宿の前にある陸奥湾でAM5:00頃散歩中に出会った釣り人。ソイという魚を釣っているのだと。東北の夜明けは早く旅行中毎朝5時から散策。
b0016557_1625230.jpg



高野山、比叡山と合わせ三大霊場の一つという恐山に一度訪れてみたいと思っていました。硫黄の匂いのする荒涼とした神秘的な場所でした。たくさんの風車が石積みの上で回っていましたが、これはあの世の我が子が寂しくないようにお供えするのだと聞きました。恐山のカルデラにある火口湖の湖畔の白い砂浜は極楽浜と呼ばれています。
b0016557_164281.jpg

b0016557_165737.jpg

b0016557_133037.jpg





風雨と波により削られてできた巨岩群が2Kmに渡って連なる仏ヶ浦。波が高いと遊覧船が出ないと言われたが、運良く渡ることができました。
b0016557_165055.jpg

b0016557_16502250.jpg

b0016557_16503628.jpg

b0016557_1650524.jpg



むつ湾フェリーで対岸の津軽半島へ渡る

b0016557_17552875.jpg





竜飛岬 向こうに見える島は北海道。
以前チャリティー番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」で「津軽海峡縦断リレー」があり、この海を泳いで渡っていたことを思い出し勇気がいっただろうとあらためて思った。
津軽海峡冬景色の ”♪ごらんあれが 竜飛岬 ”の2番がとりわけ大きく記された歌碑がありました。
b0016557_1872432.jpg

b0016557_1873855.jpg
津軽半島最北端の灯台より

b0016557_188456.jpg




白神山地のブナ林に囲まれた道を行くと大小たくさんの湖があります。つづら折りの新緑のブナ林を登った先には青いインクを流したような色の『十二湖の青池』がありました。
b0016557_846920.jpg

b0016557_8462153.jpg





岩木山の中腹の宿より。山頂は雲に隠れたり時折顔を出したり。周辺にはまだワラビやたんぽぽも。熊も出るとか。。
b0016557_13505816.jpg

b0016557_13511016.jpg

b0016557_13572611.jpg

[PR]
by kei62820001 | 2018-07-05 21:15 |

下北・津軽・男鹿半島の旅 ②

b0016557_16944100.jpg


男鹿の温泉街では「五風なまはげ太鼓」のライブが開かれると聞き出かけ、午後八時半の開演を待ちました。あちこちの宿からマイクロバスで観客が押し寄せ、立ち見が出るほどの盛況でした。
旅の最後の宿でしたが、若者の迫力に圧倒され元気をもらいました。
b0016557_155236.jpg

b0016557_15584895.jpg






海鮮石焼き料理の実演です。普通の石では200度~300度の熱では割れるそうで、使用する安山岩は3時間ほど焼き込むとのこと。この後立ち上がる湯気のもと鯛のお味噌汁が振る舞われました。
b0016557_186658.jpg

b0016557_1862252.jpg






男鹿半島の西北端にある入道崎にはなまはげラインを通って向かいました。風の強いところと聞いていましたが日本海は穏やかでした。緑の草原と青い海、男鹿半島から産出される安山岩でできたモニュメントに灯台と、早朝でもあり静かなところでした。
b0016557_16243024.jpg

b0016557_16244415.jpg

b0016557_16245698.jpg






男鹿真山伝承館では大晦日のナマハゲ行事を再現してくれます。真山のナマハゲは古い伝統としきたりを厳粛に受け継いでいるとのこと。「ウオーッ」と大声で戸をドンドン叩きながら入って来、一瞬驚かされます。
「泣ぐ子はいねが。怠け者はいねが」と言いながら部屋中を探します。その後、家の主との問答が秋田弁でほっこりしていて楽しめました。
b0016557_18183637.jpg

b0016557_18192338.jpg

b0016557_1819258.jpg
それぞれの地区で使っているナマハゲも展示しています

[PR]
by kei62820001 | 2018-07-05 21:10 |


気ままな日記


by kei62820001

プロフィールを見る

フォロー中のブログ

らくがき帖
ピンクッション
風に吹かれて

カテゴリ

全体
撮影会


イベント
エレメント作品
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。