カテゴリ:撮影会( 10 )

再び工場夜景へ

明るいうちにカメラの設定をして日暮れを待ちました。この日は風もあり映り込みは見ることはできませんでしたが、60秒などの長秒撮影にチャレンジしました。
b0016557_13565027.jpg

b0016557_1357629.jpg

b0016557_13572114.jpg

b0016557_19542897.jpg

b0016557_13573480.jpg

[PR]
by kei62820001 | 2018-11-06 23:58 | 撮影会

工場夜景

午後からの土砂降りも上がり、夕刻には陽も差し始めました。
突堤の水たまりには鉄塔が映り込み、刻々と変わる空は茜色に染まってきました。
工場群に明かりが灯る頃になると、釣り竿とバケツを持った人が次々に現れ、ここは鯵やキス、ブリやハマチなども釣れるいい場所だということでした。
b0016557_1661453.jpg

b0016557_1663334.jpg

b0016557_166544.jpg

b0016557_1610762.jpg

b0016557_1671235.jpg

[PR]
by kei62820001 | 2018-08-31 23:07 | 撮影会

渓流

暑さを理由にカメラを持つことをサボっていましたが、早朝渓流を撮りに出かけました。
着いた頃は朝日がまだ川面を照らしていませんでしたが、ほどなく木漏れ日が苔むした石や水面を照らし始めました。
NDやPLフィルターを付け換えたり、渦を巻く流れにはピントが合わず悪戦苦闘でしたが、水辺を殆ど撮ったことがなかったので勉強になりました。
b0016557_1327091.jpg

b0016557_13272021.jpg

b0016557_13273720.jpg

b0016557_13275246.jpg

b0016557_13501819.jpg

b0016557_13305084.jpg

b0016557_1331219.jpg

[PR]
by kei62820001 | 2018-08-26 14:28 | 撮影会

阿蘇御田祭

阿蘇神社近くの通りには美味しい湧き水がふんだんにあります。参道にはおしゃれなお店も軒を連ねています。足湯ならぬ水温15度の足水もあり、長くは浸けていられないほどの冷たさでした。

青々とした水田の間をお供えのおひつを頭に載せた白装束の女性が静かに通り抜ける姿は神秘的でもあり、豊作を祈る祭事が古式にのっとり今に続けられていることにも驚きです。
b0016557_16324015.jpg

b0016557_16325826.jpg


b0016557_16333811.jpg

b0016557_16335445.jpg

b0016557_16341681.jpg

b0016557_16342910.jpg


b0016557_16351790.jpg

b0016557_16353327.jpg

b0016557_1635277.jpg

[PR]
by kei62820001 | 2018-07-28 23:32 | 撮影会

切株山

梅雨の晴れ間を見計らって夕日に照らされる田んぼを撮りに出かけました。日没までは厚い雲に覆われたり、日が差し込んだりと刻々と変わる山のお天気でしたが《待てば海路の日和あり》とばかり待つこと3時間弱、少しだけ照らされる場面に出合うことができました。
b0016557_919516.jpg

b0016557_9192085.jpg

b0016557_1615586.jpg


b0016557_9195329.jpg

b0016557_9201012.jpg

b0016557_9202611.jpg

b0016557_9211442.jpg

[PR]
by kei62820001 | 2018-06-12 23:24 | 撮影会

杵築

b0016557_1742518.jpg
♪ い~ら~か~の波と・・
b0016557_1743732.jpg

b0016557_1743215.jpg

b0016557_1743359.jpg

b0016557_17435255.jpg

b0016557_17442391.jpg

[PR]
by kei62820001 | 2018-05-01 23:45 | 撮影会

歴史と文学の道

モデルを使った撮影会に初めて参加しました。
40年ほど前7年間住んでいた町の市街地は変わっていましたが、この城山から続く白壁の町並みは以前と変わりなく静かな佇まいでした。
多くのアマチュアカメラマンの中で低いアングルから撮ろうとかがんだ後、重いカメラと重い体で一気に立ち上がれずよろけそうになりました。城山を早足で登っていたことを思い出し、歳月を感じた瞬間でした。
b0016557_2112538.jpg
b0016557_21121764.jpg
b0016557_21122924.jpg
b0016557_211351.jpg
b0016557_21132139.jpg
b0016557_6355921.jpg
b0016557_21133261.jpg
b0016557_21134336.jpg
b0016557_21135298.jpg

[PR]
by kei62820001 | 2017-11-06 16:16 | 撮影会

沈堕の滝と宝生寺

b0016557_187538.jpg
b0016557_18874.jpg
b0016557_1882671.jpg
b0016557_1883369.jpg




b0016557_18124342.jpg
b0016557_18125790.jpg
b0016557_181377.jpg

[PR]
by kei62820001 | 2017-06-20 20:15 | 撮影会

両子寺と旧千燈寺跡

激しく降った夜来の雨も上がり、萌葱色から濃い緑のグラデーションの山々を眺めながら国東へ向かいました。両子寺の山門の仁王像の苔も時折射す朝日に輝き、苔むした石段は滑らないように引けた腰で歩きました。
旧千燈寺跡は間伐された杉林をいくつも曲がった奥にありました。廃寺となっていますが、近郊の人や誰かが管理しているのでしょう、長く続く石畳や境内は草が刈られ歩きやすくなっていました。身の丈2,3センチくらいの種から芽を出した無数の紅葉がひっそりとした境内を埋め尽くしていました。
新緑の緑を強調したいと今回ピクチャーコントロールを《ビビッド》に設定しましたが、スタンダードの方がやっぱり自然らしいかな。。。
b0016557_9584321.jpg
b0016557_9585022.jpg
b0016557_9585719.jpg
b0016557_959469.jpg
b0016557_9591218.jpg
b0016557_9591971.jpg
b0016557_959273.jpg
b0016557_9593653.jpg

[PR]
by kei62820001 | 2017-05-13 23:59 | 撮影会

千財農園と滝

ゴールデンウィークの谷間の平日に宇佐の千財農園に出かけました。初めて訪ねた農園はフジの房は長く、種類も濃い紫からピンク、白とカラフルで甘い香りを漂わせ見ごろでした。揺れるフジを撮りたいと思いましたが思いのほか風が強くうまくいきません。
時間を追うごとに園児や車椅子の高齢者や見物人も多くなり、次の東椎谷の滝に向かいました。
b0016557_17235256.jpg
b0016557_17241570.jpg
b0016557_17242474.jpg
b0016557_17243384.jpg
b0016557_17244332.jpg
b0016557_17255343.jpg
b0016557_1726736.jpg

[PR]
by kei62820001 | 2017-05-01 23:24 | 撮影会


気ままな日記


by kei62820001

プロフィールを見る

フォロー中のブログ

らくがき帖
ピンクッション
風に吹かれて

カテゴリ

全体
撮影会


イベント
エレメント作品
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。